「1円」支払いで和解 賃金支払い求める訴訟、外国人フルート奏者と楽団側

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 群馬交響楽団(群響)のフルート奏者、パベル・フォルティンさん(62)が6日、高崎市内で記者会見し、家族手当の不支給分の支払いを群響に求める民事訴訟を前橋地裁高崎支部に提起し、「1円」の支払いを受けることで和解したことを明らかにした。和解は10月30日付。法曹関係者によると、1円の損害賠償を請求する訴訟は時折あるが、1円での和解成立は珍しいという。

 訴状などによると、群響は2006年4月に家族手当の支給基準を変更。これによりパベルさんは家族手当を3年間減額された後に不支給となった。しかし17年4月に基準変更後も支給を受けられたことを知り、不支給分の支払いを求めたが、群響は直近2年分だけ支給。パベルさんは、群響職員が支給漏れを防ぐ注意義務を怠ったとして、不支給分約152万円の支払いを求めて提訴した。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文609文字)

あわせて読みたい

ニュース特集