メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビキニ原告団代表・増本和馬さん死去 83歳 病身押し法廷出席

本人尋問後の会見で思いを述べる増本和馬さん=高松市で2019年6月11日、松原由佳撮影

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁で実施した水爆実験を巡り、当時周辺海域で操業していた元船員や遺族らが慰謝料などを求めた国賠訴訟の原告団代表、増本和馬さん(83)=高知市=が5日、亡くなった。原告の元船員として唯一、全ての法廷に出席し、一日も早い救済を求めてきた。控訴審判決は12日に高松高裁で言い渡される予定で、判決直前の訃報に関係…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです