メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官が熊本地震の被災地視察「地震前以上に地域活性化を」

熊本県南阿蘇村で、熊本地震で崩落した阿蘇大橋の架け替え工事の現場を視察する菅義偉官房長官(右から2人目)=2019年12月7日午後2時30分、秋山信一撮影

[PR]

 菅義偉官房長官は7日、熊本県を訪問し、2016年の熊本地震の被災現場などを視察した。菅氏は視察後、記者団に「震災からの復旧復興にとどまらず、地震の発生前以上に地域のにぎわいを取り戻し、地域経済を活性化することが重要だ」と述べ、熊本県が重視する外国人観光客誘致などで国が支援を強化していく考えを示した。

熊本県益城町で、熊本地震で土地が隆起し、災害遺構として国の天然記念物に指定された布田川断層帯を視察する菅義偉官房長官(手前左)=2019年12月7日午後0時58分、秋山信一撮影

 菅氏は、熊本地震で崩落した後に国主導で架け替え工事が進む阿蘇大橋(南阿蘇村)や、地震で土地が隆起し、災害遺構として国の天然記念物に指定された布田川断層帯(益城町)を視察した。視察現場周辺では仮設住宅も多く残っており、菅氏は「今も6000人が仮設住宅での生活を余儀なくされており、住まいの再建が大変重要な課題だ」と述べた。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです