メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1安打・1打点で1万円をがん患者支援へ寄付 大腸がんから復帰の阪神・原口

来季の寄付活動について説明する阪神の原口文仁捕手=兵庫県西宮市の球団事務所で2019年12月6日午後3時33分、田中将隆撮影

[PR]

 今年1月に大腸がんを公表し、手術やリハビリを経て6月に1軍復帰した阪神の原口文仁捕手(27)が、来季から1安打または1打点につき1万円をがん患者支援施設などに寄付すると発表した。

 今季は大腸がん啓発活動のチャリティーブレスレットを販売し、利益全額と自身の寄付を合わせて100万円を、小児がんなど医療ケアの必要な子供と家族のための施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(神戸市)に贈っている。「子供たちの明るい表情を見て、まだまだ野球選手にできることはないかと考えた」と、今回の取り組み理由を説明した。

 寄付先などの詳細は決定次第発表するといい、「自分の成績が寄付につながるならば、野球を頑張る理由になる。それを力の源にして頑張りたい」と意気込んだ。【田中将隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです