メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆっくりお茶を

重大ニュースを選ぶ 人の心も映し出す

年賀状用の写真撮影に協力して、ポーズをとるカピバラ。寒いのでじっとしています=和歌山城公園動物園イベントで11月30日

[PR]

 12がつはいると、毎小まいしょう編集部へんしゅうぶは「わさわさ」してきます。年末年始ねんまつねんし準備じゅんびいそがしくなるからです。とくに、年末恒例ねんまつこうれいの1ねんのニュースのまとめの準備じゅんび大変たいへん。なにせ1ねんかんのあんなこと、こんなことをかえるんですから。今年ことしも24一部地域いちぶちいきは25)から掲載けいさい予定よていです。

       ◇◆  ◆◇

     でも、大人おとなかんがえる「重大じゅうだいニュース」と、どもがかんがえる「重大じゅうだいニュース」はぴったりおなじなのかな、それとも全然ぜんぜんちがうのかな? そんなことがになって、10がつにちょっとした調査ちょうさをしてみました。

     編集部へんしゅうぶおもなニュースを17えらび、一部いちぶ読者どくしゃにおねがいして「今年ことし重大じゅうだいニュースはこれ!」とおもうものをいつえらんでもらったのです。集計しゅうけい結果けっかは、このページの最後さいごに7までのせています。あとでんでみてください。

     10がつなかばの調査ちょうさですから、そのにあった台風たいふう19ごう上陸じょうりく沖縄おきなわ首里城しゅりじょう火災かさい、ローマ教皇きょうこう来日らいにちなどはふくまれていません。いま調査ちょうさしたら全然ぜんぜんちが順位じゅんいになるかもしれません。

     それでも、すごくおもしろいなあとおもうことがありました。それは「もっと印象いんしょうのこったニュースとその理由りゆう」の回答かいとうです。「令和れいわスタート」は大人おとなかんがえてもだいニュースでしたが、これをえらんだ理由りゆうとして「まれてはじめて元号げんごうわったから」(しょう女子じょし)、「平成へいせいしからなかったけれど、令和れいわがはじまったことで、わたしにとってふたつめの元号げんごうだから」(しょう女子じょし)などのこたえがありました。なるほど、元号げんごう普段ふだん意識いしきしないけれど「まれてはじめてわる」のはおどろきですよね。

     「テニス・大坂おおさかなおみ選手せんしゅ 世界せかいランク1」には「(大坂おおさか選手せんしゅの)こころがすてき」(しょう女子じょし)との理由りゆうが。「こんな回答かいとうくあなたがすてき」とこえしそうになりました。

     上位じょういにははいりませんでしたが「国連こくれん気候きこう行動こうどうサミット グレタ・トゥーンべリさんが演説えんぜつ」をげたひともたくさんいました。「えら大人おとなたいしても堂々どうどう意見いけんったところがすごい」(しょう女子じょし)、「こどもにとって大切たいせつ問題もんだいだから」(しょう2、しょう5の姉妹しまい)などのこえがありました。本当ほんとうにそうだとおもいました。

     編集部へんしゅうぶ重大じゅうだいニュースをえら基準きじゅんは「社会しゃかいへの影響えいきょうおおきいもの」です。でも個人こじんにとって「重大じゅうだい」で「印象的いんしょうてき」なニュースはそのひとごとにちがう。そのひとえらぶニュースは、そのひとなに関心かんしんがあるかやなに大事だいじにしているかなど、そのひとこころうつしているがします。

     年末ねんまつには、家族かぞくで「今年ことし重大じゅうだいニュース」をえらんでみたらどうでしょう。あなたならどんなニュースをえらぶかな。毎小まいしょうもぜひ参考さんこうにしてね。【編集長へんしゅうちょう太田阿利佐おおたありさ


     しん天皇てんのう即位そくい 令和れいわスタート

     「京都きょうとアニメーション」放火事件ほうかじけん

     台風たいふう15ごう大規模だいきぼ停電ていでん

     アジアはつのラグビーWはい 日本にほん開催かいさい

     あらし、2020ねんまつ活動かつどう休止きゅうし

     世界初せかいはつのブラックホール撮影さつえい成功せいこう

     テニス・大坂おおさかなおみ選手せんしゅ 世界せかいランク1

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

    2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

    3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

    4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

    5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです