メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ・西日本豪雨被災地から

喫茶店経営・三浦了さん(70)、緑さん(61) 補助金、早めの情報収集を  /福島

三浦了さん(右)と、緑さん

三浦了(みうら・さとる)さん(70)緑(みどり)さん

 岡山県倉敷市真備町地区で喫茶店「フェリーチェ」を営む。西日本豪雨では自宅と店舗が水没して一時は店を諦めたが、国の「小規模事業者持続化補助金」などを活用して被災5カ月後に再開。常連客と店で再会した時に「やって良かったと実感する」という。

 被災から間もなく保健所に廃業届を提出しようとした時、「(もし翻意して)営業許可を取り直すとなると、お金がかかる。急がなくてもいいのでは」と提案され、思いとどまった。思案の末、再開を決意できたのは被災後2カ月以上が過ぎてから。了さんは「廃止届を焦って出さなくてよかった」。実際に再建に向け…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです