メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実習生上限超え労働 JAつくば市子会社 /茨城

 JAつくば市の子会社「ファーマーズつくば」(つくば市東岡)で、ベトナム人技能実習生7人が2016年2月~18年9月、時間外労働時間の上限を大幅に超えて働き、帳簿に記載していない収入から現金で給料が支払われたことが分かった。

 同社は耕作放棄地などを使ってコメやネギなどを生産。実習生らは当時、時間外労働の上限(1カ月45時間)を超えて作業しており、最長では1カ月180・5時間に上った。

 また技能実習適正化法では、実習計画を基に決めた実習時間を延長する(時間外労働を行う)場合、月80時間以上の延長は変更申請が必要だが、同社は申請していなかった。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです