メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ケン・ローチ監督が問う「雇用によらぬ働き方の闇」 「個人事業主」過酷な現実 最新作を鑑賞、討論 /東京

ローチ監督「家族を想うとき」の一場面 photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

労働者の権利奪われ/組合があれば/家族と仕事のあり方は

 労働問題や社会問題などをテーマに作品を発表してきた英国のケン・ローチ監督の最新作、「家族を想うとき」を見て、ディスカッションするイベントが千代田区で開かれた。今作でローチ監督は、「個人事業主」や「フリーランス」などの言葉と共に広がりを見せる雇用によらない働き方を取り上げた。イベントには、個人請負で料理宅配サービスのウーバーイーツで働く人々も参加、作品が告発する「雇用によらない働き方の闇」を語り合った。【東海林智】

 イベントは、8時間働いたらまともな生活を送れるような社会にしようと活動を続けている「わたしの仕事8…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです