開港期の音色再現 横浜・洋菓子店でコンサート 貴重なリードオルガン修復 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 開港間もない横浜の外国人居留地にあった貴重なリードオルガンによるミニコンサートが7日、横浜市中区の洋菓子店で開かれた。オルガンは当時の音色が残るよう慎重に修復され、参加者は、西優樹さんが演奏するクリスマスにちなんだ賛美歌などを楽しんだ。

 店を経営する山本博士社長(49)が昨年2月、ネットオークションでこのオルガンを落札した。調べてみると、1881(明治14)年に外国人居留地で開業したドイツ系の…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

ニュース特集