メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障がい者の原画、絵本に 掛川の就労支援事業所が制作 /静岡

編集会議で原画などを見る制作関係者たち=静岡県掛川市で

 掛川市倉真の障がい者就労支援事業所「きほくのもり★ペンタス」(NPO法人 冀北(きほく)の杜(もり)運営)が、施設利用者の描いた絵を原画に使った絵本の制作に取り組んでいる。来年2月29日に市ステンドグラス美術館(同市掛川)で制作発表会を開く。【舟津進】

 絵本のタイトルは「うつくしいほし ちきゅうに すむ みんなへの おてがみ」。原画は20代と30代の女性利用者2人の作品。動植物を描いた水彩画などに市内在住の現代詩作…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです