メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

松江工/出雲工 /島根

グローブをした西尾理弘市長相手にポーズを見せる藤原陽介選手(左)=出雲市役所で、細谷拓海撮影

松江工 藩校精神を継承

 1907(明治40)年、「松江市立工業学校修道館」として創立。旧松江藩の藩校「修道館」を継承するとの意味が込められた。翌年県立に移管、39(昭和14)年から定時制を併設している。

 戦後は「松江産業」などへの校名変更を経て53(昭和28)年に現在の松江工業となった。愛称は「松工(まつこう)」、同窓会は「工窓(こうそう)会」。校訓は藩校の伝統を基にした「修道創意」。教室の座学だけでなく、熟練技術者による実習指導もあり、「ものづくり」を学ぶことを通して生徒を育てる。

 部活動では58(昭和33)年から68(昭和43)年にかけてバスケットボールで全国優勝を4回成し遂げ…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです