メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

松江工/出雲工 /島根

グローブをした西尾理弘市長相手にポーズを見せる藤原陽介選手(左)=出雲市役所で、細谷拓海撮影

松江工 藩校精神を継承

 1907(明治40)年、「松江市立工業学校修道館」として創立。旧松江藩の藩校「修道館」を継承するとの意味が込められた。翌年県立に移管、39(昭和14)年から定時制を併設している。

 戦後は「松江産業」などへの校名変更を経て53(昭和28)年に現在の松江工業となった。愛称は「松工(まつこう)」、同窓会は「工窓(こうそう)会」。校訓は藩校の伝統を基にした「修道創意」。教室の座学だけでなく、熟練技術者による実習指導もあり、「ものづくり」を学ぶことを通して生徒を育てる。

 部活動では58(昭和33)年から68(昭和43)年にかけてバスケットボールで全国優勝を4回成し遂げた。校舎玄関前にはその記念碑が建つ。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです