メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

風船爆弾を作った日々(その1) 飛ばせ、平和の物語

「和光市平和祈念講演会」で講演する高橋光子さん=埼玉県和光市で、長谷川直亮撮影

 1998年秋。米国西海岸を巡るツアーに参加するために飛行機に乗っていた時、作家の高橋光子さん=東京都武蔵野市=の耳に機長のアナウンスが飛び込んできた。「ただいま高度1万1000メートル」。すぐに風船爆弾が飛んでいった高度だと気が付いた。窓の外をのぞくと白い雲海が広がっていた。この高さの空を日本から米国本土に向けて偏西風が吹いている。風船爆弾もこの風景を見ながら飛んでいったのか――。

 風船爆弾とは、直径10メートルほどの気球を水素ガスで膨らませ、爆弾や焼夷(しょうい)弾をつるしたも…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです