メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

元徴用工の人権回復急げ 趙時顕 民族問題研究所研究委員(韓国)

 韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長が、元徴用工問題解決のため法案を準備している。日本企業に損害賠償を命じた昨年10月の最高裁判決後、日本企業が原告との和解協議に応じない状況を受けての法案だが、日本側の責任に関する言及はなく、賠償金をだれが代わりに払うか、カネの話ばかり議論されている現状を憂慮する。

 国会がとるべき解決策は、最高裁判決に沿って「重大な人権侵害」を認め、被害を回復するプロセスであるべきだ。民事訴訟の形をとったが、法廷闘争で原告が求めたのはカネではなく人権の回復だ。

 最高裁は、不法な植民地支配下における強制動員に対する慰謝料を認定した。1965年の日韓請求権協定に…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 乳がん闘病経験、赤裸々に 心理描き患者にエール 兵庫・宝塚の水彩画家が個展

  5. 徳勝龍「夢のよう。フワフワしている」初優勝一夜明け、喜びかみしめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです