メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ファンケル 高付加価値と愛らしさ

 世界初の無添加化粧品や、高品質で手ごろな価格のサプリメントなど独自の商品で知られる化粧品大手、ファンケル。多種、少量で生産される付加価値の高い医薬品などを意味する「ファインケミカル(FINE CHEMICAL)」と、愛らしいという意味の「ファンシー(FANCY)」を合わせた造語が社名の由来だ。

 1980年に化粧品事業を始めた現会長の池森賢二氏が、「ファインケミカル」だけでは親しみやすさがないと考え、「ファンシー」と組み合わせた「ファンケル」をブランド名にした。…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです