メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ファンケル 高付加価値と愛らしさ

 世界初の無添加化粧品や、高品質で手ごろな価格のサプリメントなど独自の商品で知られる化粧品大手、ファンケル。多種、少量で生産される付加価値の高い医薬品などを意味する「ファインケミカル(FINE CHEMICAL)」と、愛らしいという意味の「ファンシー(FANCY)」を合わせた造語が社名の由来だ。

 1980年に化粧品事業を始めた現会長の池森賢二氏が、「ファインケミカル」だけでは親しみやすさがないと考え、「ファンシー」と組み合わせた「ファンケル」をブランド名にした。…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです