メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

王子さまの星日記/8

王子さまの星日記/8

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん)と絵(え) なかたみちよ

 ◆第2話 「家来の星」(三)

 昼間(ひるま)の出来事(できごと)を思(おも)い出(だ)した四(よ)人(にん)は、はずかしくって、顔(かお)がまっ赤(か)になりました。

「あんなすがた、だれにも見(み)られたくないよ」

「今(いま)、思(おも)い出(だ)しても、顔(かお)から火(ひ)がでそうだ。早(はや)くやめさせないと」

 家来(けらい)たちは、天文台(てんもんだい)のとびらをはげしくノックしました。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです