メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

働くことの尊さ「スカーレット」  夢への情熱、どう燃やし続ける

 大学の教え子たちから、今頻繁に聞かれるのが、「将来、好きなことを仕事にすべきでしょうか?」という質問だ。そもそも、自らの好きなことを仕事にできる可能性自体、決して高くはないと思うのだが、好きなことはあくまで趣味で留めておきたい、と社会に出る前から考える若者がかなり多いのだ。中には、好きなことが仕事になった後、もし嫌になったらその後の人生がつらい、と自身の将来を先回りして案じる学生もいる。

 NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」。放送開始から2カ月が過ぎた101作目の主人公、川原喜美子役を演じているのは、戸田恵梨香だ。15歳で住み慣れた信楽を離れ、大阪の下宿屋で3年間女中として奮闘する。好きな絵を学ぶ夢を膨らませていたが、家族の困窮を知り、地元に戻り食堂で働く。ほどなく絵付け火鉢に魅せられた喜美子は、絵付師になるという新たな夢に出合う。だが昭和30年代。女性が社会で働く苦…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです