メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

接見に応じる植松聖被告=横浜市港南区の横浜拘置支所で2019年11月25日、イラスト・こはまゆうや

 「仕方がないことだと思う」。2016年に相模原市内の障害者施設「津久井やまゆり園」に侵入して入所者らを次々と襲い、殺人罪などに問われた植松聖被告(29)は記者との接見で、そう事件を振り返った。死者19人、負傷者26人に及ぶ事件を正当化し、障害などで意思疎通ができない人は「社会にいるべきではない」と言い切る異常な主張は変わらない。勾留が続く中、厳刑への恐れも口にしている。【国本愛、木下翔太郎、中村紬葵】

 毎日新聞は起訴直後の17年3月1日から26回にわたり、横浜拘置支所などで接見を重ねてきた。初対面の…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです