メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

正社員を目指す氷河期世代の男女が多数詰めかけた埼玉県主催の企業説明会=さいたま市大宮区のソニックシティで2019年11月15日午後2時57分、山越峰一郎撮影

 就職氷河期世代への就労支援に国や自治体が本腰を入れ始めた。政府は2020年度予算の概算要求に、氷河期世代の就労を支援する施策として1344億円を計上。この世代の正規雇用を今後3年間で30万人増やす目標を掲げた。一方で、この世代に向けた支援を既に行っている埼玉県などの取り組みの現場を取材すると、雇用する側の「意識改革」の必要性も浮かび上がる。【さいたま支局・山越峰一郎】

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです