岩手競馬が再開 禁止薬物検出、県組合「対策を強化」 ファン「原因不明でモヤモヤ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再開されたレースを見守るファン=岩手県奥州市水沢の水沢競馬場で
再開されたレースを見守るファン=岩手県奥州市水沢の水沢競馬場で

 競走馬から禁止薬物検出が相次ぎ、先月18日からレースを中止していた岩手競馬が7日、岩手県奥州市の水沢競馬場で再開した。競馬場に活気が戻ったが、ファンからは喜びとともに困惑の声も上がった。

 岩手競馬は昨年7~12月、禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)が5頭から検出され、レースの中止と再開が繰り返され…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集