JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JAのロゴマーク=曽根田和久撮影
JAのロゴマーク=曽根田和久撮影

 JAつくば市の子会社「ファーマーズつくば」(茨城県つくば市東岡)で、ベトナム人技能実習生7人が2016年2月~18年9月、時間外労働時間の上限を大幅に超えて働き、帳簿に記載していない収入から現金で給料が支払われたことが分かった。

 同社は耕作放棄地などを使ってコメやネギなどを生産。実習生らは当時、時間外労働の上限(1カ月45時間)を超えて作業しており、最長では1カ月180.5時間に上った。

 また技能実習適正化法では、実習計画を基に決めた実習時間を延長する(時間外労働を行う)場合、月80時間以上の延長は変更申請が必要だが、同社は申請していなかった。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集