メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最下位からの逆転狙った紀平、4回転サルコウに挑戦も険しかった連覇への道

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは第3日の7日、イタリア・トリノで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)最下位の紀平梨花(関大KFSC)は、145.76点、合計216.47点で4位となり、初出場優勝を遂げた昨季からの連覇を逃した。

 4回転サルコウを跳ぶか跳ばないか。SPで大きく出遅れた紀平にとって、フリーの焦点はそこにあった。トリノ入りしてからも着氷を成功させていた技に挑戦し巻き返しを図ったが、連覇への道は険しかった。

 前日のSPでの悔しさを、世界平和をテーマにしたフリー曲「インターナショナル・エンジェル・オブ・ピース」の4分間に詰め込んだ。情感込めて天使を演じ、銀盤を舞った。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです