メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「Jリーグに自分の名を刻めた」 MVPに横浜マ仲川 攻撃的サッカー支える

 サッカーJリーグの表彰式「2019Jリーグアウォーズ」が8日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪であり、最優秀選手賞(MVP)にはJ1得点王で横浜マの15年ぶりの優勝に貢献したFW仲川輝人(27)が初めて選ばれた。MVPと得点王のダブル受賞は17年のFW小林悠(川崎)以来2年ぶり7人目。

 仲川は今季、15ゴール、9アシスト。一瞬で加速して相手の裏に抜け出すスピードとキレのあるドリブルを持ち味に、横浜マの攻撃的サッカーを支えた。東アジアE―1選手権(10日開幕、韓国・釜山)に臨む日本代表に初選出され、代表では背番号10を背負う。仲川は韓国からの衛星中継で「Jリーグに自分の名を刻めたことをうれしく思う。これからもJリーグを発展させていくよう頑張る」とコメントした。

 仲川は川崎の下部組織から専大に進み、3年時には得点王にも輝いた。4年の秋に右膝の前十字靱帯(じんたい)を断裂するなどの大けがをしたが、横浜マに入団。入団後3年間はJ1で無得点で、J2のチームへの期限付き移籍も経験したが、ポステコグルー監督が就任した昨季に9ゴールを挙げて台頭した。もうけがで苦しまないように、との思いから練習や試合の前後には誰よりも長い時間をかけてストレッチなどの準備をする。シーズ…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  4. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  5. 「どうか静かに見守って頂けますと幸いです」 志村けんさん新型コロナ感染 発表文全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです