メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀に「ハプスブルク騎士団」 中・東欧の700人加入

 第一次世界大戦まで欧州に帝国を築いたハプスブルク家の騎士団がオーストリアで「復活」している。騎士団は「欧州のキリスト教保護」「欧州の安全保障強化」などを掲げ、中・東欧諸国の政治家らが続々と加入している。なぜ今、旧帝国の騎士団が人気を集めているのか。【ザルツブルクで三木幸治】

 10月26日、オーストリア中部ザルツブルクの大聖堂で新しく「騎士」となる46人の認証式が行われた。46人はハプスブルク帝国の旗を掲げて入場。黒いローブをまとった騎士たちが見守る中、ハプスブルク家現当主、カール・ハプスブルク氏(58)の前でひざまずき、騎士団に忠誠を誓った。

 ハプスブルク帝国はイタリア北部からポーランド南部まで、中・東欧の広大な領土を数百年にわたって支配した歴史を持つ。騎士団の発祥は14世紀。イスラム教徒と戦った十字軍をモデルに創設された。団員は有力貴族で、皇帝の補佐が主な役割だった。

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです