メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎 十二月大歌舞伎 泰然とした白雪姫、印象的=評・小玉祥子

 昼の部は最後の「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」で、主人公の阿古屋を玉三郎がつとめるAプロと、梅枝と児太郎が交互に演じるBプロに分かれる。

 玉三郎は阿古屋の花道からの出で、「筒にいけたる牡丹(ぼたん)花」という詞章通りのあでやかさと存在感を示し、一挙に源平の合戦後の世界へと引き込み、琴、三味線、胡弓(こきゅう)も阿古屋その人になりきって奏でる。彦三郎の重忠(AB共)にさばき役らしいりりしさとセリフのさえがあり、松緑の岩永(Bプロは九團次)が人形振りを巧みにみせた。

 序幕はA、Bとも「たぬき」(大佛次郎作・演出、石川耕士演出)。死んだと思われていた商人の金兵衛(中車)が焼き場で蘇生。愛人のお染(児太郎)と新生活を始めようと決意するが……。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです