メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

後進よ、吉野に続け!! 名前冠した助成事業 ノーベル賞賞金も投入

リチウムイオンの動きのシミュレーションをする大窪貴洋・千葉大准教授(右)と学生=千葉市稲毛区の千葉大西千葉キャンパスで2019年11月22日、信田真由美撮影

 10日にノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は、自身が受け取るノーベル賞の賞金(300万スウェーデンクローナ、約3400万円)の一部を、日本化学会の「吉野彰研究助成事業」に寄付する。この事業はエネルギー、環境、資源分野で吉野さんが対象となる研究テーマを毎年設定し、公募しており、これまで受賞理由となったリチウムイオン電池関連だけでなく、生物学分野の研究にも助成してきた。【信田真由美】

 吉野さんは、白川英樹・筑波大名誉教授(2000年ノーベル化学賞受賞)によって開発された電気を通すプラスチック「ポリアセチレン」を使ってリチウムイオン電池の開発に取り組んだ。ノートパソコンやスマートフォン、電気自動車などにも搭載され、ノーベル財団から「太陽光や風力から多くのエネルギーを蓄えることができ、化石燃料のない社会の基盤を築いた」と評価された。近年は環境問題解決の鍵と期待されている。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです