メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

嘉門タツオ 年末恒例ライブ「顔面蒼白歌合戦‼」を開く 「終活」も歌と笑いで

ポーズをとる歌手の嘉門タツオさん=大阪市北区で2019年11月15日、猪飼健史撮影

 音楽と笑いを融合させたスタイルで36年。還暦を迎えた今年、年末恒例のライブ「顔面蒼白(そうはく)歌合戦‼」を久々にオリックス劇場(大阪市西区)で開催する。「鼻から牛乳~」などの替え歌でブレークし、“本家”NHK紅白歌合戦にも出場した1992年以来という大舞台(当時は大阪厚生年金会館)。「終活」という新たなメッセージも携え、盛りだくさんの「ちょっとしたお祭り」で年の瀬を盛り上げる。

 歌手デビュー35周年と還暦を記念し、昨年から、新アルバム発売やライブ「ベストオブネタ祭り」開催など精力的に活動してきた。大阪・東京・名古屋で開く「顔面~」は、その締めくくり公演。大阪では「浪花のモーツァルト」キダ・タローをはじめ、「かたりの世界」で再び注目を集めるタレント・山田雅人らをゲストに招き、それぞれとコラボする。1年のニュースを歌と笑いで振り返る「顔面~」の名物コーナーは、読売テレビの森…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです