メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

林家染二“カツベン”に挑戦 来月の定期落語会 染丸の自主製作映画で

 林家染二が来年1月8日、自身の定期落語会「上方林家 染二爛漫(らんまん)」で活動弁士に挑戦する。活動弁士、通称カツベンは、映画が無声だった時代、映像に合わせ物語を語って聞かせた弁士のこと。今回上映するのは、染二の師匠・林家染丸が約20年前、カツベンに挑戦するため自主製作したモノクロ無声映画で、音楽は楽士の演奏ではなく、寄席囃子(ばやし)で構成する。今月13日には周防正行監督の新作「カツベン!」が公開されるなど、語りの…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです