メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝国の栄光再び? 復活するハプスブルク騎士団 くすぶる「反イスラム」

 第一次世界大戦まで欧州に帝国を築いたハプスブルク家の騎士団がオーストリアで「復活」している。騎士団は「欧州のキリスト教保護」「欧州の安全保障強化」などを掲げ、中・東欧諸国の政治家らが続々と加入している。なぜ今、旧帝国の騎士団が人気を集めているのか。

 10月26日、オーストリア中部ザルツブルクの大聖堂で新しく「騎士」となる46人の認証式が行われた。46人はハプスブルク帝国の旗を掲げて入場。黒いローブをまとった騎士たちが見守る中、ハプスブルク家現当主、カール・ハプスブルク氏(58)の前でひざまずき、騎士団に忠誠を誓った。

 ハプスブルク帝国はイタリア北部からポーランド南部まで、中・東欧の広大な領土を数百年にわたって支配し…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです