中村哲さん遺体、福岡に帰る 出迎えのアフガン人「あなたはヒーロー」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さん(73)の遺体を乗せた旅客機は9日午前、羽田空港から福岡空港に到着し、妻尚子さん(66)と長女秋子さん(39)らと共に古里に戻った。中村さんの遺体はアフガニスタンの首都カブールからアラブ首長国連邦のドバイを経由し、8日夕、成田空港に帰国、同日中に羽田空港に移動していた。

 福岡空港で記者会見したペシャワール会の村上優(まさる)会長(70)は「中村先生が亡くなられた喪失感が圧倒的で、悲しいの一言に尽きる」と声を詰まらせた。その上で「中村先生が実践してきたすべての事業を継続し、彼が望んだすべてを引き継ぐ」と述べ、会としてアフガニスタンでの人道支援活動を今後も続ける考えを改めて強調した。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文885文字)

あわせて読みたい

ニュース特集