メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

リチウムイオン電池についての講習会で皆藤製作所本社を訪れた吉野彰さん(前列右から2人目)=2006年2月24日、皆藤製作所提供

 ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が開発し、今やさまざまな分野で利用されているリチウムイオン電池。34年前、実用化を陰で支えたのが、滋賀県草津市の中小企業だ。創業者で当時の社長は「あの頃、工場の片隅で取り組んだ仕事がノーベル賞につながるとは。自分のことのようにうれしい」と喜んだ。

 1959年、皆藤昌雄さん(88)が創業した電子部品製造機器メーカー「皆藤(かいどう)製作所」。従業…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです