マグロに続き近大キャビア量産へ一歩 チョウザメの全メス化に成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シベリアチョウザメの若魚=近畿大提供 拡大
シベリアチョウザメの若魚=近畿大提供

 近畿大は9日、人工ふ化したチョウザメに女性ホルモンを与え、全てを雌化させることに成功したと発表した。世界三大珍味の一つのキャビアはチョウザメの卵の塩漬け。生産時、雄か雌かの判別に最もコストがかかるという。全雌化が実用化されれば、キャビアを手ごろな価格で味わえるようになる可能性がある。

 雄と雌の判別は、3歳程度のチョウザメの腹部を1匹ずつ切り開き、生殖腺の色や形を確認して行う。腹を縫い合わせて池に戻す作業もあり、生産者の労力がかかる。雄と分かるまで約3年育てるコストもかかる。

 近畿大水産研究所の稲野俊直・准教授によると、人工ふ化から4カ月目のシベリアチョウザメの稚魚150匹に、女性ホルモンのエストラジオールを混ぜた餌を6カ月間与えた。その後、通常の餌で飼育し、無作為に45匹を調べたところ、全てで卵細胞が確認できたという。

 残りのチョウザメはふ化後5年まで育て、実際にキャビアが生産できることを確認する。

 同研究所は1995年からチョウザメの研究を開始し、2008年から「近大キャビア」を発売。キャビアの品質向上や効率的な生産に取り組む。今後、女性ホルモンと似た作用をする食品由来の成分「植物エストロゲン」による全雌化を目指す。稲野准教授は「早ければ5年後に実用化させたい」と話している。【根本毅】

あわせて読みたい

注目の特集