名古屋市独自のトリエンナーレ検証委発足 負担金支払い可否、年度内に方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
あいちトリエンナーレに関する名古屋市独自の検証委員会について語る河村たかし市長=名古屋市役所で2019年12月9日午前10時46分、野村阿悠子撮影
あいちトリエンナーレに関する名古屋市独自の検証委員会について語る河村たかし市長=名古屋市役所で2019年12月9日午前10時46分、野村阿悠子撮影

 愛知県内で開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の開催費用を巡り、名古屋市は9日、市独自の検証委員会を発足させたと発表した。19日に東京都内で第1回会議を開き、今年度中に検証を終えた上で、市の負担金を愛知県に支払うかどうかを決める方針。

 芸術祭実行委員会の会長代行を務めた河村たかし市長はこれまで、芸術祭の企画展「表現の不自由展・…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集