メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露の東京五輪・パラ出場困難に どうするホストタウン

千葉県長柄町はフェンシング・ロシア代表の事前合宿地の予定。覚書を交わすロシアフェンシング協会のカズベク・カラエフ氏(左)と清田勝利町長=長柄町役場で10月、金沢衛撮影

 スポーツ界を揺るがすロシアのドーピング問題が、東京五輪・パラリンピックを直撃する事態となった。世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団の主要大会への出場を4年間禁止する処分を決定。国としての東京大会出場が厳しくなった。各国・地域の選手と全国の自治体が大会を契機に交流する政府の「ホストタウン」事業で、ロシアを相手国として準備する自治体では困惑が広がった。【まとめ・松本晃】

 ロシアのホストタウンに登録しているのは全国で8件(10月末現在)。フェンシング代表の事前合宿地に決まっている千葉県長柄町の担当者は「これまで通り歓迎準備を進めたい。子どもたちでロシアの小旗を作って応援したい」と話した。11日にチーム関係者がキャンプ施設を視察する予定。同町は複数国の五輪代表チームに誘致を働きかけ、10月にロシアフェンシング協会と覚書を締結した。

 大阪府池田市では、バレーボール男子が事前キャンプを予定。練習場となる市立総合スポーツセンターは老朽化のため、約6億1000万円かけて改修工事中だ。市の担当者は「受け入れをどうするのか、どこが決定するのかわからない。正式に決まるまで粛々と進めざるを得ない」と言う。ラグビー7人制女子の事前合宿地に決まっていた福岡県宗像市は、昨春から2回にわたって代表チームの合宿を実施し、市民主催のイベントを開くなど…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  4. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです