メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

県内企業ベトナムへ 米中貿易摩擦、安い人件費 生産移管、人気トップ /埼玉

 米中貿易摩擦が長期化する中、県内の企業もベトナムへの生産移管に注目している。大野元裕知事は11月にハノイを視察。埼玉りそな産業経済振興財団の調査(10月)でも、今後海外展開を検討したい国として県内企業の34・5%(複数回答)がベトナムを挙げ、トップの人気だった。進出の実際と背景を尋ねた。【山越峰一郎】

 梱包(こんぽう)材、緩衝材のカネパッケージ(入間市)は、2005年にハノイへ進出。取引先の大手製造…

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです