メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

中村医師の生き方に思う /東京

 アフガニスタンで長年、かんがい事業や農業支援に取り組んでいた中村哲さんが、移動中に襲撃されて命を落とした。日本でも新聞やテレビで大きく報じられたが、現地のアフガニスタンでも追悼集会が開かれるなどして、その死を悲しんでいるようだ。

 中村さんはアフガニスタンに医療支援に行ったとき、不衛生な飲み水で赤痢になる子どもが多いのを見て、「診療所にいるだけではダメだ」と井戸を掘る活動を始めたという。あるメディアは、中村さんの人生を「聴診器をスコップに持ち替えた」と表現していた。

 私は同じ医師として、中村さんの活動に強くひかれて、著作を読み講演を聴いてきた。「すごい。でも私にはこんな行動力はない。では、私にできることは何か」といつも考えさせられた。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです