上野原市駅伝 一般の部 YGUチームA3連覇 8部門で健脚競う /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上野原市駅伝で一斉にスタートする選手=山梨県上野原市で
上野原市駅伝で一斉にスタートする選手=山梨県上野原市で

 初冬の街を駆け抜ける第15回上野原市駅伝競走大会(同市など主催、毎日新聞甲府支局など共催)が8日、同市で行われた。8部門に計88チームが参加し、懸命にたすきをつないだ。最多の45チームが競った一般の部では、「YGUA.C.チームA」が58分24秒で3連覇を果たした。

 この日、早朝は冷え込んだものの、よく晴れてスタート時には絶好のコンディションとなった。全部門が5区間で争い、中学生以上は市中を18・6キロ、小学生は桂川河川敷を7・5キロ走った。

 開会式で大会会長の江口英雄・同市長は、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で話題となった言葉「ワンチーム」を引き合いに、「駅伝も一人ではできないチームワークのスポーツ。もてる力の限りを尽くし、頑張ってください」とあいさつ。市内小学生男子の部の上野原F.C.ドリームAの網野成起選手が選手宣誓をした。【去石信一】

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文960文字)

あわせて読みたい

注目の特集