メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふんばれ、氷河期世代 三田市正規職員採用、177人受験 /兵庫

試験用紙が配られるのを待つ就職氷河期世代採用の受験者=三田市三輪2の三田市役所で2、粟飯原浩撮影

 バブル崩壊後の不況期に大学や高校を卒業した「就職氷河期世代」を対象にした三田市の正規職員採用の1次試験が8日あり、177人が受験した。

 対象は、学校卒業時に就職難だった1974年4月2日~84年4月1日生まれの高卒以上。1人程度の採用予定に対して427人が応募し、書類選考を通過した199人のうち約9割が受験した。

 試験は「SPI3」と呼ばれるマークシート方式の総合適性検査で、1次合格者は小論文や面接などの選考を経て、来年1月下旬に合格者が決まる。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです