メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県教委、障害者の雇用進まず 水増し発覚後の計画にズレ /大分

 県教委の今年6月1日時点の障害者雇用率が法定雇用率(2・4%)を満たさず、1・65%にとどまることが県教委への取材で分かった。県教委では昨年8月、障害者雇用数の水増しが発覚し、2・44%とされた昨年6月1日時点の障害者雇用率が実際は1・49%だったことが判明している。国は来年12月までの法定雇用率達成を求めており、県教委は来年度、新たに障害者68人を雇用して法定雇用率を達成する方針。【白川徹】

 県教委では、障害者手帳を所持していない教職員66人について自己申告のみで障害者雇用数に計上していたことが昨年8月に発覚した。この結果、障害者雇用数は151人から85人に修正され、障害者雇用率は法定雇用率に及ばない1・49%だったことが分かった。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです