メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

網膜色素変性にiPS移植 臨床研究申請 来夏にも手術 神戸の病院

 神戸市立神戸アイセンター病院は9日、目の難病「網膜色素変性」の患者にiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜シートを移植する臨床研究計画を外部の審査委員会に申請したと発表した。同委員会と厚生労働省の厚生科学審議会の審査が順調に進めば、来年夏にも移植手術を始める。

 網膜色素変性は遺伝性の病気で、網膜の一部である視細胞が徐々に失われる。視細胞は光を受けて脳に信号を伝える働きがあるため、暗い場所で見えにくくなる症状から始まり、視野が少しずつ狭くなって視力も低下し、失明につながる。

 国内に約4万人の患者がいるとされ、遺伝子治療や「人工網膜」を用いた治療の開発も進むが、現時点で根治する治療法はない。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです