メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 沖縄での経験を基に 関西大教授・高作正博さん

関西大教授 高作正博さん

高作正博(たかさく・まさひろ)さん

 専門は憲法。特に21条の「結社の自由」の研究を続けてきた。政党や宗教団体、労働組合やスポーツ団体といった団体内部での個人と組織の争いに司法はどこまで介入できるのか。判例研究を中心に取り組んでいる。

 論理的で丁寧な語り口から、学究肌の印象を受けるが、学舎の外にも積極的に飛び出してゆく。市民団体からの講演依頼は断らず、さまざまな裁判の意見書も書いてきた。

 「法律学・政治学は、社会の現実と向き合う中で学問を行う。現実が議論の出発点で、結論の妥当性も現実の中で考える必要がある」と語る学者としての姿勢を決定づけたのは「たまたま就職の口があった」という沖縄での経験だという。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです