メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの アイマスクに思い込め=越智貴雄

【左】走り幅跳び用のアイマスクは「スポーツ」の文字に星やチョウなどの図柄がピンクで刺しゅうされていた【右】パラ陸上の世界選手権のために準備した五つのアイマスク=写真家・越智貴雄さん撮影、取材協力・日本パラ陸上競技連盟

 11月にアラブ首長国連邦で開催されたパラ陸上の世界選手権第7日の夜、女子200メートル決勝が行われた。視覚に障害のある種目に出場したブラジルのロレナ・サルバチニ・スポラドレは、伴走者と共に勢いよくスタートを切った。ホームストレートに差し掛かる地点でカメラを構えていた僕は、彼女が装着するアイマスクに心を奪われた。スタジアムの照明を受けてキラキラと宝石のようにゆらめきながら輝いていたのだ。

 5歳まで視力はあったが、今は光すら感じることができないというスポラドレ。実際に話してみると、人懐っ…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです