メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名簿のシュレッダー指示したのは誰なのか? 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報

名簿のバックアップデータについての質問に答える富永健嗣・内閣府公文書管理課長(前列右)=国会で2019年12月10日午前11時3分、江畑佳明撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、野党の追及本部は10日も政府に対するヒアリングを行った。消去したとされる名簿の電子データの削除時期を示す「ログ」公開の有無や、バックアップデータの取り扱いについて、政府に見解を求めた。主なやりとりは以下の通り。【江畑佳明、吉井理記/統合デジタル取材センター】

名簿廃棄のログは削除したのか

 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) (名簿の)電子データを廃棄したログ(記録)について。

この記事は有料記事です。

残り4797文字(全文5002文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

吉井理記

1975年東京生まれ。西日本新聞社を経て2004年入社。憲法・平和問題、永田町の小ネタ、政治家と思想、東京の酒場に関心があります。会社では上司に、家では妻と娘と猫にしかられる毎日を、ビールとミステリ、落語、モダンジャズで癒やしています。ジャズは20代のころ「ジャズに詳しい男はモテる」と耳に挟み、聞き始めました。ジャズには少し詳しくなりましたが、モテませんでした。記者なのに人見知り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです