特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

名簿のシュレッダー指示したのは誰なのか? 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名簿のバックアップデータについての質問に答える富永健嗣・内閣府公文書管理課長(前列右)=国会で2019年12月10日午前11時3分、江畑佳明撮影
名簿のバックアップデータについての質問に答える富永健嗣・内閣府公文書管理課長(前列右)=国会で2019年12月10日午前11時3分、江畑佳明撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、野党の追及本部は10日も政府に対するヒアリングを行った。消去したとされる名簿の電子データの削除時期を示す「ログ」公開の有無や、バックアップデータの取り扱いについて、政府に見解を求めた。主なやりとりは以下の通り。【江畑佳明、吉井理記/統合デジタル取材センター】

名簿廃棄のログは削除したのか

 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) (名簿の)電子データを廃棄したログ(記録)について。

この記事は有料記事です。

残り4797文字(全文5002文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集