和牛の生産、35年度までに倍増へ 海外需要増受け 政府が強化計画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は10日、「農林水産業・地域の活力創造本部」(本部長・安倍晋三首相)を開き、2035年度までに和牛の生産量を現在の約2倍の30万トンへ拡大する目標などを盛り込んだ国内農業の強化計画を決めた。海外で需要の増加が期待される和牛の増産などを通じて、国内農業の競争力強化につなげる狙いだ。

 こうした方針を踏まえて19年度補正予算…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文379文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集