メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン残業手当未払い、40年以上の可能性も 労基署指摘、公表せず

従業員の残業代未払いについて記者会見するセブン-イレブン・ジャパンの永松文彦社長=東京都千代田区で2019年12月10日午後4時23分、長谷川直亮撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは10日、長期間にわたりアルバイトやパート従業員の残業手当の一部に未払いがあったと発表した。2001年に労働基準監督署の指摘を受けたが公表しておらず、創業間もない1970年代から40年以上にわたり続いていた可能性があるという。未払い額は、記録が残る12年3月から19年11月までの分だけで約4億9000万円に上る。人手不足を背景にコンビニ店舗の過酷な労働環境が問題視される中、セブンの企業姿勢が改めて問われそうだ。

 セブンによると、01年6月に労基署から、バイトやパート従業員の残業手当の計算に、休まず出勤した場合に支払う「精勤手当」と職務の責任に応じて支払う「職責手当」が算入されていないと指摘を受けた。セブンは当時、この事実を公表していなかったうえ、指摘された未払い分も支払っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです