メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ブランドイメージがボロボロ」 セブン、相次ぐ不祥事に店主悲鳴

 コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンが揺れている。スマートフォンアプリ「セブンペイ」の不正利用や本部社員による無断発注問題に続き、今度は残業手当の未払いが発覚した。人手不足にあえぐ加盟店から悲鳴が上がる中、相次ぐ不祥事の発覚でガバナンス(企業統治)の不全も深刻化している。

 「本来、我々自身が先に気付いて、改善しなければならなかった」。東京都内で10日記者会見した永松文彦社長は苦渋の表情を浮かべた。今回の未払いは2001年に労働基準監督署に指摘されていたが、その時点で未払い分の支払いはおろか、事実の公表もしていなかった。

 労基署の指摘を受けながらなぜ未払いを続けてきたのか。永松氏は「(当時の)役員会などの議事録も残っていない。(隠蔽(いんぺい)などの)意図はなかったと信じている」と述べるのみ。今回も労基署に指摘されるまで把握できず、法令軽視の企業体質と自浄能力の欠如を露呈した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです