メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ブランドイメージがボロボロ」 セブン、相次ぐ不祥事に店主悲鳴

 コンビニ最大手、セブン-イレブン・ジャパンが揺れている。スマートフォンアプリ「セブンペイ」の不正利用や本部社員による無断発注問題に続き、今度は残業手当の未払いが発覚した。人手不足にあえぐ加盟店から悲鳴が上がる中、相次ぐ不祥事の発覚でガバナンス(企業統治)の不全も深刻化している。

 「本来、我々自身が先に気付いて、改善しなければならなかった」。東京都内で10日記者会見した永松文彦社長は苦渋の表情を浮かべた。今回の未払いは2001年に労働基準監督署に指摘されていたが、その時点で未払い分の支払いはおろか、事実の公表もしていなかった。

 労基署の指摘を受けながらなぜ未払いを続けてきたのか。永松氏は「(当時の)役員会などの議事録も残って…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです