「私は変わることができた」 元タリバン支援者が進める平和教育 中村医師に思い寄せ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
来日時に毎日新聞の質問に答えるサビルラさん=東京都台東区で2019年11月27日午後1時31分、和田浩明撮影
来日時に毎日新聞の質問に答えるサビルラさん=東京都台東区で2019年11月27日午後1時31分、和田浩明撮影

 アフガニスタンの支援活動に長年取り組んできた中村哲医師(73)ら6人が殺害された東部ジャララバードで、反政府勢力タリバンの元支援者だった男性が今、平和構築の活動を続けている。サビルラ・メムラワルさん(43)。中村さんと何度か言葉を交わしたというサビルラさんは「平和という目標は共有していた」と感じ、不安定化する治安の中で活動継続の決意を新たにしている。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

 サビルラさんは現在、日本国際ボランティアセンター(JVC)のアフガン事務所を現地法人化した団体「ユア・ボイス・オーガニゼーション(YVO)」を率い、ジャララバードを拠点に主にナンガルハル州内で活動している。

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1676文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集