メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東武野田線の柏-船橋駅間、初の急行列車 20年3月14日ダイヤ改正

東武鉄道のロゴ=東京都豊島区で、2019年5月8日、曽根田和久撮影

 東武鉄道は9日、千葉・東武野田線の柏―船橋駅間で複線化が完成することに伴い、来年3月14日のダイヤ改正で同区間初の急行列車を運行すると発表した。乗車時間が最大11分短縮され最短19分となり、利便性が向上する。

 同線は、柏駅でスイッチバックを採用し、大宮―船橋駅間で運行している。特に利用者の多い柏―船橋駅間では複線化工事が長年続けられ、1964年に塚田―新船橋駅間で完成して以降も断続的に実施。2004年10月には…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです