メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2学期制再ブレーク?「通知表3回もらえぬ」不人気一転…

12月の終業式で体育館に整列する小学生。2学期制が導入されれば、こうした行事の時間を授業に充てられるという=東京都内の公立小学校で2018年12月25日午前8時25分、宮間俊樹撮影

 2000年代に普及したものの、保護者から「通知表を3回もらいたい」との声が上がるなどして、近年は不人気だった小中学校の「2学期制」が再び脚光を浴びている。来年度から外国語科などを新設する新学習指導要領が実施されることに伴い、小学校の授業編成が窮屈になることが見込まれるため、授業時間を確保しやすい制度として採用する動きが出てきた。【大久保昂】

 2学期制は秋を境に1年間を前期と後期に分け、その間に「秋休み」を設けるケースもある。3学期制に比べ…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです