メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会は“安倍政権固有の問題” 「慣行」強調に違和感

記者会見で質問を促す菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月10日午前11時20分、大西岳彦撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍晋三首相や自身の推薦による招待者が増えていた問題について「もちろん反省はしています」と述べた。しかし、首相も菅氏も、問題点を認める前には「長年の慣行」と決まり文句のように強調する傾向が強い。首相が自身の後援者を多数招待したのは安倍政権固有の問題のはず。「長年の慣行」を繰り返すことで「反省」の本気度が疑われそうだ。

 首相は9日の記者会見で、桜を見る会について「国民の皆様から、さまざまなご批判があることは十分に承知をしている。公費を使う以上、これまでの運用を大いに反省し、見直しを行っていく」と陳謝した。しかし、招待基準やプロセスの不透明さなど問題点を列挙する前には、“恒例”の「長年の慣行の中で行われてきたことではありますが……」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです