メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想、財源配分案で合意 法定協、維新と公明が賛成

 大阪市を廃止し、4特別区に再編する大阪都構想の制度案を議論する法定協議会が10日、大阪府庁で開かれ、移行後10年間で約370億円を大阪府から4特別区に配分する案が大阪維新の会と公明党の賛成でまとまった。特別区の住民サービス拡充を求める公明に維新が応じたが、自民党や共産党からは「府の一般財源が減り、他市町村にも影響する」といった懸念や反対意見が示された。

 この日で積み残されていた事項の議論をほぼ終え、会長の今井豊府議は「(制度案の)基本的方向性はまとまったと考えている」と述べ、26日の法定協で制度案の方向性をいったん採決する意向を示した。制度案の決定は、国との事前協議などを経て来年6月ごろになる見通し。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです